ヤーマン遠赤外線ドライヤーはよく故障する!?保証はある?
ヤーマン遠赤外線ドライヤーはよく故障する!?保証はある? > ヤーマン遠赤外線ドライヤー > ヤーマン遠赤外線ドライヤーのスカルプケアの特徴と効果をご紹介!

ヤーマン遠赤外線ドライヤーのスカルプケアの特徴と効果をご紹介!

ヤーマン遠赤外線ドライヤーは、遠赤外線を利用した低温のドライヤーで頭皮と髪へのダメージが少ないドライヤーです。また毎分約3,700回もの美容音波振動マッサージで頭皮の弾力性向上や血行促進することができます。

 

そこで、今回はヤーマン遠赤外線ドライヤーのスカルプケアの特徴と効果をまとめましたのでご覧ください。

 

ヤーマン遠赤外線ドライヤーのスカルプケアの特徴と効果をご紹介!

 

スカルプケアの特徴と効果

まずは、一般的なドライヤー・マイナスイオンドライヤーとヤーマン遠赤外線ドライヤーとを比較しまとめましたのでご覧ください。

 

ドライヤー 特徴
一般的な1200Wのドライヤー 100℃~120℃もの高温で乾かすため、頭皮・髪を乾燥し過ぎてかゆみ・フケ・皮脂分泌過多などの頭皮トラブルの原因になる。
マイナスイオンドライヤー 空気中の水分をマイナスイオン化して髪に補給。乾かすのに時間がかかり、頭皮や髪が乾燥しがちになる。マイナスイオンドライヤーで保水力アップの科学的根拠がなく、2003年8月薬事法違反、2006年11月景品表示法に基づく指導、2008年2月19社が公正取引委員会による排除命令を受けています。

 

 

一方のヤーマン遠赤外線ドライヤーはこのような特徴と効果があります。

 

特徴 効果
遠赤外線の低温60℃で頭皮と髪を乾かす 頭皮と髪を傷めないのでかゆみ・フケ・皮脂分泌過多を防ぐ。
美容音波振動マッサージ  頭皮の弾力性110%に向上、頭皮温度7.8℃上昇。血行が促進され育毛が期待できる。
日本初のリフトアップドライヤー 顔のたるみ・シワが改善。
ダメージヘアケア キューティクルを整えてツヤ髪へと導く。

 

 

では、それぞれについて詳しくご説明しますね。

 

1.遠赤外線の低温60℃で頭皮と髪の毛を乾かす

ヤーマン遠赤外線ドライヤーは遠赤外線の低温60℃で頭皮と髪の毛を乾かす

 

ヤーマン遠赤外線ドライヤーで使用している「赤外線」とは、言葉のとおり目に見える赤色の外側にある光の線をいいます。光の線には、ガンマ線やX線・紫外線・可視光線など波長によっていくつかの光線があります。そのうちのひとつが赤外線です。赤外線には、遠赤外線のほか、近赤外線もあります。太陽からもこの遠赤外線がふりそそいでいて、温かく感じるのはこの遠赤外線のおかげです。

 

この遠赤外線は太陽だけではなく多くのものから遠赤外線は放出されています。我々人間の目には見えませんが、私たちの身体からも遠赤外線は出ています。この遠赤外線の働きが、「ものを暖める」ことです。

 

遠赤外線はコタツや電子レンジ・衣類・炊飯器など身近なものに多く利用されているんです。ドライヤーに遠赤外線を利用することで、低温度でありながら素早く乾かすことができるんです。しかも、乾かし過ぎがないから頭皮と髪にダメージを与えないんです。

 

ヤーマン遠赤外線ドライヤーが使用している遠赤外線は、4~14ミクロンという「育成遠赤外線」という波長を使用しています。この「育成遠赤外線」は、8~14ミクロンの遠赤外線と、人が発する電磁波が共振しあうと、微細血管の拡張(血流循環)や細胞の新陳代謝の促進効果がうまれ、身体の機能向上に貢献するというもので、これは1981年NASAの研究で分かりました。だから、この「育成遠赤外線」は、血行促進や細胞の新陳代謝の促進効果を生み出してくれる働きがあるので育毛効果が期待できるんです(^^♪

 

2.美容音波振動マッサージ

ヤーマン遠赤外線ドライヤーの美容音波振動マッサージ機能

 

ヤーマン遠赤外線ドライヤーには、毎分3,700回もの美容音波振動マッサージが付いています。この美容音波振動マッサージで頭皮温度が7.8℃上昇、頭皮の弾力性も110%に向上することが分かっています。ですので、血行が促進され育毛効果が期待できるんです。あの総合毛髪企業「アートネイチャー」が認め推奨販売しているほどです。

 

こちらがヤーマン遠赤外線ドライヤーを使った5分後の頭皮ですが、頭皮の温度が7.8℃も上昇し、頭皮の弾力も110%もアップしています。

 

ヤーマン遠赤外線ドライヤーを使用すると頭皮温度が7.8℃も上昇し、頭皮の弾力性も110%に向上する

 

3.日本初のリフトアップドライヤー

ヤーマン遠赤外線ドライヤーは、頭皮をリフトアップしてくれる日本初の頭皮リフトアップドライヤーです。写真のようにヤーマン遠赤外線ドライヤーの使用後、フェイスがリフトアップされているのが分かります。

 

ヤーマン遠赤外線ドライヤーは、頭皮をリフトアップしてくれる日本初の頭皮リフトアップドライヤー

 

これは頭皮と顔の肌は1枚でつながっているからなんです。頭皮がたるむとその皮膚はどこにいくかというと当然、顔に下がってきます。逆に頭皮を引き締めるとリフトアップされるということなんです。ですので顔のたるみには頭皮が大きく関わっていたんです。

 

頭皮が固くなっていたり、乾燥したりしていると顔のたるみの原因になります。頭皮が固くなっているのは血行が悪くなっているからですよ。

 

ですので、毎分約3,700回もの美容音波振動で頭皮をマッサージしてあげることで頭皮が柔らかくなり、また、頭皮温度が7.8℃も上がることで血行が促進され顔のリフトアップにもつながるってことなんです(^^♪

 

4.ダメージヘアケア

一般的な1200Wのドライヤーの温度は100℃~120℃もあります。その熱風で髪を乾かすと、キューティクルも剥がれて落ちてしまいます。
健康な髪の毛はの水分量は、12から13%です。7%を下回ると髪の表面からキューティクルが剥がれ、ダメージヘアにつながります。さらに、キューティクルが剥がれた部分から、水分が出て行ってしまうために悪化が進むみます。

 

下の画像は、85℃の温風ドライヤーとヤーマン遠赤外線ドライヤー60℃を各々20分当てて、ブラッシングをした後の毛髪表面を電子顕微鏡で比較しています。右側のヤーマン遠赤外線ドライヤーでは、キューティクルが整えられているのが分かります。

 

ヤーマン遠赤外線ドライヤでキューティクルを整えることができる

 

このように、ヤーマン遠赤外線ドライヤーは、キューティクルを整えてツヤ髪へと導いてくれるんです(^^♪

 

 

 

同ジャンル・関連ページ

error: Content is protected !!